人・杜氏・蔵人

社員蔵人と農家蔵人のコンビネーション

真澄酒蔵、集合写真醸造や醗酵に関する科学的知識を具えた社員蔵人と生き物を育てるプロ―農家蔵人のコンビネーションは理想的だと思っています。

2013年の酒造りを前に、数々の品評会で高評価を得、「信州の名工」にも選定された那須賢二を「総杜氏」とし、諏訪蔵杜氏に平林和之、富士見蔵杜氏に中野淳という体制として新たなスタートを切りました。

祖父や父も素晴らしい杜氏さんたちに恵まれて来ました。
しかしそれは偶然ではなく、祖父や父の情熱が伝染した結果だと思っています。
今後、この3名が名杜氏に成長するかどうかも、社長の酒に対する熱中症の度合いに掛かっています。
 

(文 宮坂直孝)