諏訪蔵

霧ケ峰へ続く道と甲州街道とが交差する諏訪市元町。清水町とも呼ばれるここは文字どおり名水の地。
江戸時代には酒屋や染め物屋が軒を連ね、今でも近くの秋葉神社ではお殿様が茶の湯に用いた「御膳水」が湧き出ています。
ここにたたずむ諏訪蔵が真澄発祥の酒蔵です。

現在の蔵は大正13年の建築で古材を集めたというだけあって小じんまりした質素な建物ですが、歴代の杜氏たちの手で壁板一枚までピカピカに磨き上げられています。

(文 宮坂直孝)