会社概要

社名 宮坂醸造株式会社
代表者名 宮坂 直孝
住所 〒392-8686 長野県諏訪市元町1-16
電話・FAX TEL:0266-52-6161 FAX:0266-53-4477
業務内容 清酒製造
工場 真澄諏訪蔵、真澄富士見蔵

 

沿革

1662年 (寛文 2年) 信州上諏訪において酒造業創始
1916年 (大正 5年) 諏訪市内に丸高工場設立、味噌、醤油の醸造を開始
1933年 (昭和 8年) 宮坂醸造株式会社を設立
1946年 (昭和21年) 全国清酒鑑評会にて第一位受賞
大蔵省醸造試験場の手で真澄酒蔵から優良清酒酵母(協会7号)が発見される
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会(EXPO'70)に長野県の代表酒として参加
1982年 (昭和57年) 真澄富士見蔵設立
1999年 (平成11年) 清酒メーカーとして初めてVINEXPO'99に出展
2001年 (平成13年) 真澄 富士見蔵 ISO14001認定を取得
2007年 (平成19年) 酒類事業会社と食品事業会社を分社

 

略歴

真澄の創業は1662年。

清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の山ふところ信州諏訪で、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸してきました。その美味は早くから近隣に知られ、この地で半生を過ごした松平忠輝公(徳川家康の六男)が座右に置いたという逸話も残っています。

しかし真澄の酒造りが大きく開花するのには、大正の中頃、弱冠28歳で杜氏となった窪田千里の登場を待たねばなりませんでした。

全国の名醸蔵を巡り歩き、試行錯誤を繰り返しながら美酒を追い求めたこの天才杜氏の熱意によって、真澄は昭和18年全国清酒品評会での第一位をかわきりに品評会で次々と上位へ入賞。

さらに昭和21年、酒蔵から新種の優良清酒酵母「協会7号」が発見されたことや、時代環境に流されず品質至上主義を貫いたことが重なってその名は次に酒通の知るところとなったのです。

真澄の酒造りを一変させた窪田杜氏は後継者の育成にも偉才を発揮しました。愛弟子として永年総杜氏を務めた久保田良治は、師から継承した緻密な酒造りに独自の工夫を加えて真澄の味わいに輝きを与えました。

平成16年の造りから、初の社員蔵人が杜氏となりました。当時40代前半の若さだった那須賢二と平林和之は、ともに大学で醸造学や微生物学を学んだ新世代の杜氏です。

そして平成25年、数々の品評会で高評価を得、「信州の名工」にも選定された那須賢二を「総杜氏」とし、諏訪蔵杜氏に平林和之、富士見蔵杜氏に中野淳という体制として新たなスタートを切りました。

「奇抜な個性を売り物にするな。心を磨き、人を育み、米を選んで、本物だけを求め続けろ。」

先人たちが築き上げた真澄らしさを大切に、これからも私たちはただ淡々と歩み続けます。
いつの日にか天下の銘酒を醸すことを夢見て。